テーマ:ミツバチ

セイヨウミツバチ君、スズメバチを撃退中

夕方、倉庫の軒下に置きっぱなしにしていた巣箱に住み着いたセイヨウミツバチが、ひとかたまりになって巣箱の近くで固まっていました。 ハテ?なんだろう?と細い棒で少しつついてみたところ、中にいたのは小型のスズメバチでした。 かなり強固に取り囲んでいます。 どうやら襲ってきたスズメバチを撃退しているようです。 隣には撃退された別のス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

分蜂群がやってきた

今朝8時前に家の周囲に張ったクモの巣を、裏山から取ってきた竹で払っていると、倉庫の軒下に置いた巣箱のまわりがずいぶんと賑やかなので、おや?と思い近づいてみるとものすごい数のミツバチたちがぶんぶんと羽音を立てながらグルグルと竜巻のように回りながら飛びまわっていました。 もしや分蜂したのか!?これは捕まえなければ、とすぐに作業服に着替…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

梅雨

九州北部地方も久しぶりに梅雨らしい天気が続いています。 ミツバチたちもこう雨が続くと、湿度が高くなりあまりよろしくない状況です。 ミツバチたちは蒸し暑さもあってか、昼間はたくさん巣門の外に出ています。 湿気はセイヨウミツバチにとっては病気や体調不良などの原因にもなりかねません。 梅雨とはいえ、たまにはカラっと晴れてほしいもの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ユリノキの花のつぼみ

この春ゲットしたセイヨウミツバチの群のうち、軒先の放置巣箱に引っ越してきた群のひとつは、先日の給餌の際に内検した時にはまったく産卵はしていませんでした。 昨夜が少々冷えたので様子を見てみると、なんだか巣門を出入りしているミツバチが少なくかんじ、再び内検してみました。 全体的に個体数が減ってきているようです。 しかしやはりま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ユリノキの花が咲いた!

ざっと畑を見まわりして、ふとユリノキの上の方を見ると3本並んだうちの真中の1本が、なんと花を咲かせていました! ユリノキは花を咲かせるのに12年もかかると本で読んだのですが、環境の違いもあるのか5年目で花を咲かせてくれました。 高さは約10mくらい?幹はまだ直径10~15cmほどしかなく、ユリノキとしてはまだまだ小さい方です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なかなか増えません

気温も上がってきてそろそろみかんの花も咲きそうなかんじに、つぼみをふくらませています。 今年購入した種蜂は、なかなか増えてくれません。 なぜか巣門の前に新女王蜂が8匹も死んでいました。 しかしどこからともなくやってきた群は順調に増えています。 この群は野性化したセイヨウミツバチなのか、それともどこかで飼われていたものが分…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3群ゲット

先月ミツバチが届いた頃に、蜂場に放置していた巣箱にひとつにさかんにミツバチ君たちが出入りしていました。 蜜の残った巣礎も入れっぱなしだったので、その蜜を取りに来ているのだろう、と思っていました、。 届いたミツバチに給餌するついでに、その巣箱を開けてみると、なんとぎっしりとセイヨウミツバチが! 確認してみると卵も産み付けられてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミツバチが届く

ミツバチが届きました。 1群だけですが、まあ自分たちが食べるぶんくらいは採れるでしょう。 届いたミツバチは少々気が荒く、設置して巣門を開けたらブンブンと追いかけまわされました(^^; 腹減っているんでしょうか。 巣箱のフタの裏側には、すでに新しい巣を15cmほど作っていました。 とりあえず空巣脾を2枚と給餌器を入れ、砂…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ニホンミツバチも少ない

まだ少々寒い日がありますが、ソメイヨシノも満開、黄色い菜の花も一面に咲き誇っています。 寒いせいもありますが、例年よりミツバチが非常に少ない気がします。 またローズマリーもミツバチには人気の花ですが、こちらもあまり集まってきていませんでした。 もちろん私が今年、飼ってないせいもあるのでしょうが、セイヨウミツバチだけでなくニホン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

久しぶりの更新(^^;

昨年は春に5群からはじめて初夏には3倍15群まで増えたミツバチが、夏の終わりころにはほぼ全滅してしまいました。 原因はいろいろあると思われますが、やっぱり農薬のようです。 近年、近所の田んぼにはまでものすごいカメムシが発生していましたが、ここ数年は急にみなくなりました。 それと同じくしてミツバチが激減するようになりました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

豪雨の分蜂

このところ九州地方も豪雨が続きました。 ゴウゴウと風も吹き、どこまで降るつもりだーと言いたくなるホドの大雨でした。 お昼前に、蜂場の隣に梨畑を持っている友人が、巣分かれしたミツバチが柿の木に集まっていると連絡をもらい慌てて行ってみました。 なんでも昨日の夕方、雨が小降りになった時に畑に来て見つけたとの事で、一晩同じ場所にいたよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あっという間に

3月末に、使っていない畑をユンボを使って整地しました。 その時の状態。 そして現在の状態 ほぼ3ヶ月で元に戻ってしまいました(^^;; 自然ってすごいです。 左側に写っているちょっと違った植物は夏の花粉用に植えたトウモロコシで、右下の赤紫の花はハギの花です。 梅雨に入って雨が振るたびにどんどん雑草…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ニセアカシア、強風に倒れる

このところ連日強風が吹いていたのですが、蜂場に内検に行くとなんとニセアカシアの木が1本真横に横倒しになっていました。 支えの支柱の紐が切れて、そのまま倒れてしまったようです。 ニセアカシアは元々が浅根性のうえ、まだ5年程度では幹も柔らかくぐんにゃりと曲がってしまいます。 またこの時期は葉っぱがたくさん付いていて風当たりも相…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

はちみつ搾り

昨日、蜜搾りをしました。 といってもそんなにたくさんは採れませんでした。 採れたハチミツは2段になってる群から約20㎏程度と、もう1群から2kgの計22㎏ほど。 味はみかんが主なかんじですが、直前に咲いていたニセアカシアや満開のクローバーの蜜もミックスされているんでしょうか、いつものみかん蜜とは少し風味が違います。 けっこう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ニホンミツバチ

スムシにやられてボロボロになった巣箱を、家の軒下に放置してたら、いつの間にかニホンミツバチが住み着いていました。 巣箱の中どんな状況なのかまだ確認はしていませんが、中はスムシの繭でいっぱいだったので、ある程度取って携帯ガスバーナーで軽く焼いていましたが、とてもきれいな状態とは言えません。 よくもまあそんなとこを選んだもんだなーと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

風のように去りぬ

今日あたりまた分蜂しそうだと思い、お昼前に蜂場に行ってみると案の定、分蜂群がぶんぶん羽音を立ててまたもクコの木に集まっていました。 ヨッシャ!とさっそく置いていた巣箱を取りに行き戻ってみると、 「ありゃ!?いない」 ほんの2~3分前までぶんぶんいってた分蜂群が影も形もありません。 周囲を見渡してみると、ニセアカシアの木のあた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

草刈り

昨日は雨が振り、台風のような風が吹きまくりました。 夜に心配になって巣箱の様子を見に行きましたが、防風ネットのおかげか特にかわりなくほっとしました。 初めて巣箱を置いた時にも暴風雨があり夜中に見にいったら、コンクリのブロックを1個乗せていたにもかかわらず巣箱のフタが見事に吹き飛ばされ、吹き荒れる雨風の中でフタ無しで中があらわにな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

分蜂

先日17日に一番元気の良かった群が分蜂しました(^^ 分蜂は強制的に行う方法もあるのですが、今年は初回だけ自然に分蜂させています。 前日までの悪天候が、今日はうって変わって良い天気、気温も26度くらいあります。 そろそろだろうと準備はしていましたので、分蜂群の収容はすぐに終わりました。 分蜂群はすぐ目の前にある1mほ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

王台がいっぱい

ハチはなぜ大量死したのか文藝春秋 ローワン・ジェイコブセン ユーザレビュー:たかがハチと侮るなか ...実らない秋若い頃(2 ...ハチはなぜ大量死した ...Amazonアソシエイト by ウェブリブログ 今日は女王蜂がいない無王群に別の群の王台を移植しようと蜂場へ行きました。 あらためて無王群を検査すると雄蜂が非常に…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

分蜂群ゲット!

今日は近所のよく苗木を購入する園芸ショップに出向き、ジューンベリーの木を買いました。 2mほどの樹高で2,500円。 2本置いてありましたが、1本は売約済みとのことでしょうがなく1本だけ。 先日もここでこのジューンベリーを2本買ったのですが、果樹は多いほど実付きもいいといいますし、じゃあもう少し植えてみるかーと思った次…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

寒い・・・

昨日から急激に気温が下がりました。 夜半には気温は4度程度になり、みぞれも降ったようです。 先日は昼間でも20度もあったのに、昨日今日あたりはその半分程度。 ずいぶんとキツいですね。 この急激な寒さでミツバチ君たちはどうしていることやら。 給餌しようかな、と思いましたが、私も風邪をひいてしまい今日一日動けず寝込…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

文旦の花

山の花も盛が終わり、いよいよみかんの開花の順番がきたようです。 今年は庭先の文旦もわんさか花目がついていてこれは期待できるかも!? 庭先の文旦の花にもミツバチが多数やってきてました。 がんばって集めてくれよー^^ 今年は山の花がどばっと咲いていたので、また山蜜が採れるかなーと思っていたら、以外にもアカシア蜜の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春爛漫

今年の九州地方の春はなんだか花がいっぱい咲いているような気がしますね^^ いつもなら桜の咲く頃には終盤を迎える、アーモンドの花や花桃がわんさか咲いています。 菜の花も真っ盛り。 ふと回りを見回してもいつもよりたくさんの花が一斉に咲いているように思います。 桜にしても、同じ場所にあっても、終わってしまったものとこれから咲き始め…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ニホンミツバチとセイヨウミツバチが同居?

連休明けの昨日の朝、先日捕獲したニホンミツバチの様子を見に行くと、巣箱の周りにたくさんのセイヨウミツバチが集まってきていました。 「ん?盗蜂?」 と様子を見ていましたが、その数がかなり多く勢いもあります。 とりあえず昨日はそのままにして、今朝の06:00にエサを入れた給餌器を持って再びニホンミツバチの様子を見に行きました。…
トラックバック:6
コメント:1

続きを読むread more

ミツバチ集団失踪、続報

先月お伝えした、米国ミツバチの「いないいない病?」の続報がありました。 4/13 謎! ミツバチが大量失踪――「蜂群崩壊症候群」、英国にも広まる ミツバチ「ハッチ」はどこへ?米欧で集団失踪深刻化 ドイツの研究グループが携帯電話の電波が原因の可能性を指摘しているようですが、日本では「銀座のハチミツプロジェクト」というもの…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

ニホンミツバチの分蜂

そこらじゅうにクローバーの種を撒きまくっていたら、ニホンミツバチの分蜂群を見つけました。 そこで早速捕獲作戦を開始。 近くのお墓の中に巣を作っていたニホンミツバチが、そのまわりで大勢ぐるぐる回りながら大騒ぎしていました。 これは分蜂の予兆、うまくいけば捕獲できるかも、とさっそく近くに空いていたセイヨウミツバチの巣箱を持ってきま…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

草むしり

暖かくなってくると、養蜂場一面雑草の絨毯になります。 この雑草、ほおって置くと梅雨頃にはそれはもう、手に負えないほどボーボーに生い茂って大変です。 そこで時間を見つけては草むしりをするのですが、一人でやるにはあまりにも広すぎて手に負えません。 結局毎年、ピーピーマメやらヨモギやらクズやらセイタカアワダチソウやらに、わっと蔓延ら…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

桜とみつばち

ヤマザクラもあっというまに満開。 みつばちたちも忙しそうに花々の間を飛び回っていました。 ヤマザクラ 菜の花
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サクラサク

先週あたりからぼちぼちとヤマザクラの花がさきはじめました。 気温も安定してきたようで、そろそろミツバチがどっと増えはじめるころでもあります。 今年は気温の変化が激しかったせいかヤマザクラの花も、咲いているものもあればまだつぼみのままの木もあるなどまちまちの咲き具合です。 サクラのハチミツはさっぱりしていてなかなかおいし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新入りミツバチがやって来た!

注文していたミツバチを高速で片道1時間半かけて受け取りに行きました。 全部で5郡、予定より1ヶ月も遅い新入りです。 今年は暖冬だっため、ミツバチの生育状況もいようで、着いたらすぐに巣礎を入れ給餌をするように販売元の方からアドバイスをしていただきました。 しかし空はあいにくの曇り空、いまにも雨が降ってきそうです。 帰り道で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more